シーバス ショア 2021後半~2022前半

シーバス2021~2022前半まとめ

ロッドはベイト、スピニング共にパックロッドを使用。
リールを新調しようと思っていたが、それほど飛距離を必要としないため手持ちのリールで対応。

タックル ロッド:テイルウォークアウトバックIKE テイルウォークアウトバックNS765L

     リール:シマノ スコーピオンDC シマノシンセライトmgC3000 

ライン PE 0.8 1.5号 バリバスショックリーダー 12lb 16lb 

ルアー  ミノー9cm 他スピンテールジグ ワーム+ジグヘッド 



川崎沖堤防
青物の回遊を期待して出かけるも不発。
ネットに入り切らないエイにヤラれて2021年の沖堤防は終了。

20211255075.jpg

河口域
気が向いた時に1~2時間釣行する感じ。
使用ルアー的に、ミノー、バイブレーション→ワーム系→ミノーという変遷。
今年はクロダイも狙ってみたい。

20211255133.jpg

豊洲運河
電車釣行のテストにて。
岸壁の際でセイゴクラスがルアーを追うも見切られる。

20211255053.jpg

某釣り公園
根掛りが多い印象。
1月の雨天釣行だったため、心が折れて早々に退却。

20220255006.jpg


沖堤防のタックルはランガンメインなので、ベイトタックルにバックとタモの軽装備でやってます。


20211155079.JPG


運河と河口域はスピニングタックルにバック+短めのランディングネットの組み合わせ。


20211255066.jpg

電車釣行時は、こんな感じのタックルパッケージで。

20211255071.jpg


使用ルアーはオールド系が多く、コレじゃあ感満載のルアー達。
手持ちのルアーが多数あるので、最近のルアーを買うのも勿体ないので自分なりに色々試してみるつもり。

20211255038.jpg
20211255047.jpg
20211255077.jpg20211255069.jpg



釣果的には数回に1~2匹程度。
まあ1匹釣れると満足かな。
アタるけど乗せられないケースが多々あり、自分なりの釣り方でアレコレ楽しんでいます。

20211255084.jpg20211255112.jpg

今年に入って細身のネイティブトラウト用ミノーが好調。


20220313004.jpg20220313007.jpg

また釣れた時に更新します。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック